REDEN(リデン)でも起こるか可能性がある3つの副作用とは?

リデンにはリデンシルというかなり育毛業界でも話題の新成分と国からも効果を認められている有効成分を配合したています。つまり、リデンはかなり育毛効果が期待できるわけです。

ただ、育毛効果が期待できるという事は副作用があるのでは?と考える人も多いと思います。しかし、リデンには副作用の危険性は極めて低いです。

ハッキリ言ってリデンを使用して副作用が出る人は100人に1人もいないレベルなのですが、100%副作用がないとは言い切れないので一応リデンを使用して起こる可能性がある副作用にだけ触れておきます。

ただ、あくまでもリデンは副作用が起こらないという前提での話という事はご理解ください。

リデンで起こる可能性がある副作用3つ

リデンには頭皮や身体に刺激の少ない成分が配合されているのですが、ごく稀に使用者体質によって副作用の症状が出る可能性があります。

くどくなりますが、基本的にはリデンを使用することで副作用が起こる可能性は0に近いですが、万が一以下の症状が出た場合には一旦使用を辞めてください。

副作用その1:かゆみ

リデンには頭皮の結構を促進する成分が配合されています。人は血行が良くなるとかゆみを感じてしまうような作りになっています。

例えば、真冬の寒い日に冷えた体でいきなり熱いお風呂に入ると全身がむずかゆくなりますよね?あれは、体が暖められることによって全身の血行が促進されて肌にかゆみを感じてしまうのです。

また、リデンには育毛成分の品質を保つためにごく少量のアルコールが配合されています。なので、アルコールにアレルギーがある人はリデンを使用するとかゆみを感じてしまうかもしれません。

副作用その2:湿疹

リデンにはリデンシルの他に育毛に効果的な有効成分や天然成分が配合されています。

そして、使用者の中にはごく稀に配合されている天然成分にアレルギー反応を示す方もいるようです。今までに育毛剤や化粧品などを使用して肌に湿疹が出なかったなら問題はないのですが、過去にそういった商品で湿疹の症状が出たことがある人は事前にパッチテストを行う事をおすすめします。

パッチテストとは?
パッチテストとは腕の内側などの目立たない場所に、溶液を少量塗布して皮膚に赤みやかゆみが出ないかのアレルギー反応を調べるテストの事です。
副作用その3:初期脱毛

髪の毛のヘアサイクル(生えた髪の毛が抜け落ちて、新しく生えてくるサイクル)には成長期・休止期・退行期という3つの期間が存在します。

通常、髪の毛は産毛が成長期によってすくすく成長し、休止期で髪の毛の成長が止まってしまいます。そして、退行期では髪の毛が抜ける準備を始めて、抜け落ちた後に新しい髪の毛が生えてきます。

しかし、育毛剤を使うとごく稀に抜け毛が増加するケースがあります。これは、育毛剤によって新しいく生えてくる髪の毛が育毛促進されて、抜ける準備をしている髪の毛を下から生えてくる新しい髪の毛が押し出す形で抜けてしまうので抜けが増えてしまうのです(乳歯が永久歯に押し出されて抜けてしまうイメージに近いです)。

つまり、この初期脱毛というのはネガティブな副作用ではなく、育毛効果がしっかりと出ているポジティブな副作用です。ですが、この初期脱毛というのは基本的に体への影響が大きい医薬品育毛剤に起こる症状なので、医薬部外品で起こることはほとんどありません。

以上が、リデンを使用して起こる可能性があるる3つの副作用です。ただし、何度も繰り返し言いますが基本的にリデンで副作用が起こることはありません。

しかし、万が一、上記に記載されているような副作用が起こった場合には一旦使用を辞めて、それでも症状が改善しない場合には掛かりつけの意思に相談することをおすすめします。

また、リデンを使用して副作用の症状が出た場合には全額返金保証制度を利用して購入代金を返金してもらえるので、起こるかもわからない副作用を気にするのではなく取りあえず試してることをおすすめします。

正直言って、リデンシルは副作用の危険性がある医薬品育毛剤を除くと最高レベルの育毛剤なので試してみる価値はあると思います。

 

▼3000円OFF&永久返金保証付き▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です