リデンシル配合のリデンがキャピキシル育毛剤よりも効果的な理由

リデンにはリデンシルという育毛業界で注目の新成分が配合されているのですが、同じく育毛業界で注目されている新成分があります。それがキャピキシルという成分です。

ただ、注意しなければいけないのは新しい成分だから今までにない効果が出そうだなと安易に考えてしまわないことです。ハッキリ言ってリデンシル配合の育毛剤の方がキャピキシル配合の育毛剤よりも断然効果が期待できます。

でも、実際に新成分が配分されている場合に使って見なければ効果があるかないかを判断するのは難しいですよね?でも、使用せずに判断する方法があるんです。

今回はリデンシル配合のリデンの方がキャピキシル配合の育毛剤よりもなぜ効果的なのか?その理由を解説します。

育毛剤には3つの種類がある

育毛剤は薬事法という国の法律によって大きな分類で良いと化粧品に該当します、そして、その化粧品の中でも更に国から効果が認められている成分が配合されているか、配合されていないかによってランク分けがされています。

そのランクというのが、医薬品・医薬部外品・化粧品の3つです。以下にそれぞれの違いを詳しく解説していきます。

医薬品

医薬品というのは主に治療を目的とした“薬”の事を指します。配合されている成分の効果も国から認められていて、お医者さんで処方される薬や薬局やドラッグストアなどで薬剤師さんからしか購入できないような薬が一般的です。

医薬部外品

配合されている成分の効果や効能が国から認められた成分が配合されているのですが、人体に対しての影響は医薬品ほどは強くないんで、改善や予防などを目的として使用されます。

化粧品

医薬部外品よりも更に人体への影響が緩やかで、人体を清潔にしたり美しさや健やかさを保つ事を目的として使用され、効果や効能に関してはほとんど期待できないレベルです。

最も効果が期待できるのは医薬品!でも・・・

市販されているすべての育毛剤は上記で解説した医薬品・医薬部外品・化粧品のどれかに必ず分類され、医薬品や医薬部外品に分類される場合には商品のパッケージに必ず記載されています。

そして、上記の育毛剤の分類のところでの解説を見てもらえればわかるのですが、それぞれに期待できる育毛効果の順に関しては【医薬品>医薬部外品>化粧品】という順番に効果が期待できることがわかってもらえたと思います。

つまり、効果が期待できる育毛剤を使用したいのなら医薬品育毛剤を使うのが一番効果期待できることは明白なのです。しかし、それでもなぜ医薬品以外の育毛剤が販売されているかというと、医薬品育毛剤には副作用の危険性があるからです。

例えば、日本で最も人気の高い医薬品育毛剤のリアップX5はメーカーが公式している調査結果によると使用者の8.9%が副作用の症状が出ているようです。しかも、基本的には軽度な症状が多いのですが、中には重篤な副作用の症状が出る人も稀にいるようです。

医薬品育毛剤にはそういった副作用のリスクがあるため、リスクのない育毛剤として医薬部外品育毛剤や化粧品育毛剤が販売されているのです。

医薬部外品育毛剤と化粧品育毛剤なら断然医薬部外品が良い!

医薬品育毛剤と副作用のリスクがない育毛剤はどちらが良いかと聞かれても断言はできません。なぜなら、育毛剤を使用する人が何を求めているかによって最適な選択が変わるからです。

例えば、育毛効果だけを求めているのであれば医薬品育毛剤を使用した方がいいですし、副作用なく育毛したいというのであれば副作用のリスクのない育毛剤を使用した方が良いからです。

しかし、副作用のリスクがな育毛剤としては医薬部外品育毛剤と化粧品育毛剤があるというように先ほど説明しましたが、医薬部外品と化粧品であれば間違いなく医薬部外品の方が良いです。

理由としては化粧品が医薬部外品に勝っている部分がないからです。期待できる効果もは医薬部外品の方が高いですし、副作用の危険性に関しては医薬部外品も化粧品も心配ありません。

リデンは医薬部外品育毛剤として認可を受けている

リデンには国から効果が認められている成分配合されているので厚生労働省から医薬部外品として認可を受けています。

一方で冒頭でもお話したキャピキシル成分を配合したフィンジアやボストンスカルプエッセンスなどは医薬部外品として認められていないので、育毛剤の分類は化粧品になるのです。

つまり、キャピキシル成分が配合されているフィンジアやボストンスカルプエッセンスなどの化粧品育毛剤よりも、リデンシルが配合されている医薬部外品育毛剤のリデンやプランテルEXの方が効果が期待できるというわけなのです。

因みに、リデンは医薬部外品なので副作用の心配は一切ありません。しかし、かなり稀にリデンを使用して副作用がでる可能性もあるので、気になる方はリデンの副作用についてチェックしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です