リデン(REDEN)が他の育毛剤よりも効果が期待できるワケ

リデンに配合されているリデンシルの驚くべき効果の記事でも解説したように、リデンにはリデンシルという注目成分が配合されています。

なぜ、このリデンシルがここまで注目を集めているのかというと、『幹細胞(バジル領域)』にアプローチして育毛促進を行うことが出来るからです。

これまでの育毛剤は今生えている髪の毛に対してアプローチしていましたが、リデンシルを配合しているリデンは幹細胞(バジル領域)にダイレクトにアプローチすることでこれまでの育毛剤とは一線を画します。

以下、リデンシルが他の育毛剤よりも効果が期待できるワケを詳しく解説していきます。

これまでの育毛とこれからの育毛の違い

これまでは薄毛治療・育毛剤というのは男性ホルモンをコントロールすることで抜け毛を減らし、血行を促進して今生えている髪の毛に栄養を送って薄毛改善へアプローチしてきました。

しかし、最近では毛髪を作り出す『毛包』という器官を再生医療で作り、移植するという治療法の研究が進められています。これは薄毛患者の幹細胞を培養して作った毛包の“種”を頭部に移植して毛髪を再生させる、いわゆる再生医療からのアプローチです。

つまり、これまでの育毛は頭皮に髪の毛が無ければ効果が期待できませんでしたが、再生医療からのアプローチだと頭皮に髪の毛がなくても幹細胞を培養して毛包の“種”を移植することで毛髪再生を行うことができるというわけで、NHKニュースなどの様々なメディアでかなり話題になっています。

しかし、この幹細胞を培養して毛包の種を作り出して薄毛患者の頭皮に移植するという技術はまだ研究段階であり、動物に移植して安全性を確かめる試験を行っているのが現状です。この毛髪再生医療による技術は早くても2年後にしか実現されません。

育毛剤でも再生医療で注目さいれている幹細胞にアプローチできる

この最新の毛髪再生医療のように幹細胞で作った毛髪の種を移植するという技術は実用化までまだ少し時間が掛かりますが、この毛髪再生医療と同じようなアプローチで育毛促進を行うことが育毛剤でも出来るのです。

それがこのブログでも紹介しているリデンです。このリデンに配合されているリデンシルが幹細胞へダイレクトにアプローチし、毛包細胞を増加させることで育毛促進を行うことが出来ます。

つまり、再生医療の観点から言うと頭皮に髪の毛がなくても幹細胞さえあれば、幹細胞にアプローチすることで再び髪の毛が生えてくる可能性があるというわけです。

まとめ

最近ではこれまでの薄毛治療とは全く違った再生治療による薄毛へのアプローチが話題になっています。しかし、再生治療による薄毛治療の実現はまだ研究段階の為、数年先まで行われることはありません。

しかし、その再生治療でも注目されている幹細胞にアプローチすることで、同じような育毛効果を実現することができる可能性があるのです。

リデンに配合されているリデンシルには再生医療でも注目を集めている“幹細胞”にアプローチすることで毛包(髪の毛を作り出す器官)の細胞分裂を促進して、育毛促進を行うことが出来ます。

これは頭皮に髪の毛が残っていなければほとんど効果を期待することが出来なかった従来の育毛剤とは全く違ったアプローチで、かなり薄毛が進行していても頭皮にも幹細胞が残っている場合には再び毛髪が生えてくる可能性があるというわけなのです。

これが他の育毛剤よりもリデンの方が効果が期待できる理由です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です